エンタメ PR

ナンバーアイとキンプリどっちが人気?CD売上やSNSを比較!【2024最新】

ナンバーアイとキンプリどっちが人気?CD売上やSNSを比較!【2024最新】
Pocket

今回は「ナンバーアイとキンプリどっちが人気?」についてCD売上やSNSを比較していきます。

キンプリを脱退し3人のメンバーで活動を始めたナンバーアイですが、現在2人体制のキンプリとどっちが人気か気になりますよね。

圧倒的人気の平野翔さんが脱退したことで、キンプリの人気が落ちていると思いきや、どうやらそうでもなさそうです。

そこで今回はグループが分かれてからのCD 売り上げやSNS のフォロワー数などを徹底比較し検証していきたいと思います!

数字による比較を比較して、どっちが人気なのか、ぜひご自身で判断してみてください。

 

Number_i(ナンバーアイ)とキンプリどっちが人気?

先に結論を言うと、ナンバーアイの方が人気が高いと言えます。

その理由として、CD売り上げや、YouTube動画の再生回数など勢いが止まりません。

特に平野紫耀さんの人気が高く、グループとしての活動にも大きく影響しています。

しかし認知度では、キンプリの方が高いです。

ナンバーアイがメディアに出てきたのが最近ということも理由として挙げられます。

キンプリは人気が減っているというわけではなく、ナンバーアイの勢いがすごいということです。

ナンバーアイはまだデビューしたばかりなので、また数年経つと結果は変わるかもしれません。

今後の動向に注目していきましょう!

 

Number_i(ナンバーアイ)とキンプリCD売上を比較!

CDの売上枚数はオリコンの初週のデータを元に比較しました。

結論としてはにCD売上にはあまり差はないようです。

キンプリ

  • なにもの54.4万枚
  • 愛し生きること/MAGIC WORD34.8万枚
  • halfmoon/moooove!!30.5万枚

ナンバーアイ

  • GORT48万枚

キンプリは2人体制になってから発売したシングル『なにもの』が発売2日で50万枚を達成。

5人体制の時のCD売上は40万~50万枚くらいだったため、2人体制になった現在も、キンプリのファン層が厚いことが分かります。

一方、ナンバー アイのCDは一部のオンラインショップでしか買うことができず、正規で買えるのは「TOBE OFFICIAL STORE」だけ。

条件付きで初週約50万枚売れるというのは、かなりすごいことだと思います。

どちらもCDの売れにくいこの時代に、人気を裏付ける結果を出していることが分かりました。

 

Number_i(ナンバーアイ)とキンプリのSNSフォロワー数を比較!

ナンバーアイとキンプリのSNSフォロワー数を比較してみました。

結果としては、キンプリの方がナンバーアイの約3倍のフォロワーがいることが分かりました。

Number_i キンプリ
インスタ 92.6万 225.4万
TikTok 43.8万 140万
X 30.2万 129万
合計 166.6万 494.4万

※2024年6月26日時点

開設歴は違えど、どちらもこれだけのフォロワー数がいるのは驚きですね!

個別で調べて見ると、さらに驚きの結果であることが分かりました。

 

個別のSNSフォロワー数

  1. 平野紫耀…426.4万(インスタ)
  2. 神宮寺勇太…202.5万(インスタ)
  3. 岸優太…90.3万(インスタ)81.7万(X)
  4. 永瀬廉…166万(インスタ)
  5. 高橋海人…100.4万(インスタ)

※2024年6月26日時点

個別で見ると、圧倒的に平野紫耀さんのSNSフォロワー数が多いことが分かりますね!

平野さんがアンバサダーを務めたイブサンローランのリップは、通常の540倍売れ、広告を務めたシャンプーなどは売り切れ続出!

その影響力の高さがハッキリと表れています。

 

Number_i(ナンバーアイ)とキンプリのYouTube再生回数を比較!

曲数は異なれど、圧倒的にNumber_iの方が再生回数は多かったです。

まずはデータを見ていただきましょう。(※2024年6月26日時点)

ナンバーアイ

  • GOAT…5845万回(5か月)
  • Blow Your Cover…687万回(2か月)
  • BON…3037万回(4週間)

キンプリ

  • moooove!!…279万回(1ヶ月)
  • halfmoon…196万回(1ヶ月)
  • MAGIC WORD…506万回(8か月)
  • 愛し生きること…681万回(9か月)
  • My Love Song…729万回(11か月)
  • なにもの…2538万回(1年)

ナンバーアイのデビューシングルの『GOAT』は5845万回再生、ミニアルバムのリード曲『BON』は1日半で1000万回再生を超える勢いです。

まさに今勢いと人気が高まっていることが分かりますね!

キンプリはナンバーアイほどの爆発力はないものの、根強い人気があるとこが分かる結果となりました。

 

まとめ

今回は「ナンバーアイとキンプリどっちが人気?」ということで、CD売上やSNSのフォロワー数などを比較してきました。

  • CD売上は同じくらい
  • SNS の総フォロワー数はキンプリ
  • YouTube の再生回数はナンバーアイ

全体的な数字としては、ナンバーアイの方が人気が高いと言える結果となりました。

ただし、脱退前からのフォロワーや、ナンバーアイはCDの販売店舗が限られているなどの条件が異なるため、一概にどっちが人気とは言い切れない部分があります。

圧倒的に平野翔さんの人気が高いため、グループとしての比較が難しいところもあると感じました。

一般的な認知度としてはキンプリの方が高いですが、ナンバーアイも出演機会が増え、注目度も非常に高く、勢いがすさまじいです。

今後はどのような活躍を見せてくれるのか、注目していきましょう!