ドラマ PR

小池栄子英語話せる?新宿野戦病院の発音がひどい・下手な理由はなぜ?

小池栄子本当は英語話せる?新宿野戦病院の発音がひどい・下手な理由は?
Pocket

今回は小池栄子さんは本当は英語が話せるのか、ドラマ『新宿野戦病院』の英語の発音がひどい・下手と言われる理由はなぜかについても紹介していきます。

7月3日(水)スタートのドラマ『新宿野戦病院』!

このドラマで、「アメリカ国籍の元軍医」という役柄に挑戦する小池栄子さんの英語の発音がひどい・下手と話題になっていますね。

  • これはわざとなのか?
  • 小池栄子は本当は英語が話せるのか?

こういった疑問が浮かんだので、調べてみました!

そこで今回は、小池栄子さんの英語力やどうやってあんなに早口で話せるようになったのかなどを紹介していきます。

 

小池栄子は英語を話せる?

小池栄子さんは英語が苦手と過去に話しています。

ただ、どのくらいの期間かはわかりませんが。高校を卒業後、アメリカに留学した経験があるとのこと。

Xに投稿された番組のPRでも「ヒィヒィです」「実は英語話せたんだとか言いたい」とも言っているので、現在も英語が流暢に話せるわけではないようです。

ただ、ドラマで英語を話す役柄と知って、英会話の特訓をしたというエピソードもあるので、ドラマのために相当な練習をしたと思われます。

また、ドラマの役どころについて小池栄子さんはこのように語っています。

私が英語を喋っていることすらも、視聴者の皆さまには笑いながら楽しんでみて頂ければうれしいです。もちろんネイティブな発音に近づけるように頑張ってますが、ネイティブな人から見たら違うなってところはたくさん出てくると思うんです。でもそれももうドヤ顔で、突っ走ろう!って思ってます!

引用:新宿野戦病院ドラマ公式サイトより

このことから、小池栄子さんの本当の英語力は流暢に話せるレベルではなく、役作りのために特訓して英語のセリフを覚えたと考えられるでしょう。

 

新宿野戦病院での小池栄子の英語の発音がひどい・下手な理由は?

実は2013年のドラマ『ラストホープ』でも英語のセリフがあり、その時も小池栄子さんの「英語の発音ひどい」との声ありました。

今回も「発音がいいとは思えない」という人がかなり多かったようで、「ひどい」「下手」「微妙」という感想が挙がっていました。

一方で、小池栄子さんの努力をたたえる意見も多数あります。

新宿野戦病院での小池栄子さんはかなりの早口で英語を話しています。

英語と岡山弁を交えて話すという難しいセリフをこなす小池栄子さんをすごいという声も。

そしてもともと小池栄子さんは英語に苦手意識を持っています。

ネイティブレベルの英語力を持っている役柄とは言え、英語が苦手だった方が数週間、数か月で本当にネイティブレベルの発音にしていくのは難しいですし、セリフを覚えるだけでも大変な練習が必要でしょう。

しかし小池栄子さんは「違うなってところはたくさん出てくると思う」「ドヤ顔で、突っ走ろう!」とも言っているので、英語力については割り切っているのかもしれません。

それよりも英語を使う場面が多い役柄でセリフを覚え、練習を積み重ねた努力は素直にすごいと思います。

この役柄をきっかけに英語力を磨いて、同じような役がきたときに、飛躍的な英語力を披露してくれるかもしれませんよ!

 

まとめ

今回は小池栄子さんは本当は英語が話せるのか、ドラマ『新宿野戦病院』の英語の発音がひどい・下手と言われる理由はなぜかについても紹介しました。

結論として、小池栄子さんは英語が話せるわけではないと思います。

ドラマの役どころのコメントでも、練習で頑張っているという感じでしたし、過去に英語が苦手とも語っていました。

そのためドラマ『新宿野戦病院』の役づくりのために努力した結果と言えます。

発音が「ひどい」「下手」という意見もありますが、あまり英語が話せない人がネイティブレベルにすぐに持っていくのは至難の業でしょう。

一方で小池栄子さんの早口で英語を話す姿を見て、すごいと感じた視聴者も多かったようです。

小池栄子さんはネイティブレベルを求められる役柄に少しでも近づけるように努力しており、単純にすごいと思いました。

小池栄子さんの英語もそうですが、ドラマ自体の世界観にも注目して見てみてください!